メインコンテンツ

YSL BEAUTY GROWS A PLACE OF CHANGE,
TODAY AND FOR THE FUTURE


YSL ウリカ コミュニティ ガーデン
環境と生物多様性のラボラトリー
女性たちが育む美の庭園


2014年以来、モロッコのアトラス山脈の麓で、YSLは前向きな変化の場を育てています。
ウリカ コミュニティ ガーデン。
この庭園で植物を栽培する女性たちのコミュニティの自立が、地域に変革を促します。
YSLが再生可能で有機的な栽培によって育てる植物は、過酷な環境に立ち向かい、新しい持続可能なイノベーションを生み出します。
YSLが再生させる生物多様性は、私たちのハードルをはるかに超え、生命が満ちるように繁栄します。
凛として、ワイルドで、大胆に。
挑戦と実験を繰り返し、私たちは変化の場を育てます。
今も未来も。


STEP INSIDE THE OURIKA
COMMUNITY GARDENS

YSL Beauty grows a place of change today and for the future:
The Ourika Community Gardens. An environmental
& biodiversity laboratory cultivated by a community of women.

女性たちの自立支援

この庭園で植物の栽培を担当する女性たちによる協同組合を設立することで、YSLはクチュリエが思い描いていた自由で自信にあふれた女性たちとのたゆまぬ対話を続けています。 このプロジェクトは、地元の職人技の促進と、女性の経済的自立を支援し、地域全体に変革のインスピレーションを提供します。

革新を生み出す
最強のボタニカル

YSLが育てる植物は、新しい持続可能なイノベーションを生み出します。
モロッコのアトラス地域は、灼熱の夏と刺すように寒い冬があり寒暖差が激しい気候です。
この対照的な土地は、植物の最良の面を引き出します。
ウリカ コミュニティ ガーデンは200種を超える強靭な植物を育て、環境に配慮したプロセスを用いて注意深く抽出されています。
現在、YSL のスキンケアとメイクアップのために17種類の専用の成分が栽培されています。
2025年には、このプログラムがフレグランスにも拡大されます。

再生可能で有機的な栽培によって
生物多様性が繁栄する

再生可能な栽培と有機的なプラクティスは、ウリカ コミュニティ ガーデンの創造において中心的な原則となっています。ランドスケープデザイナーのオサールとモリエールによって考案された、広大なメインガーデンは、四方が開けた壁と正方形の噴水を備え、その土地固有の古代の手法に従っています。
水はアトラス山脈から自然の重力を利用して吹き降り、各区画に流れ込みます。ドライストーンのテラスには、レモンの木がアイリス、サフラン、マリーゴールド、サボテン、ジャスミンと共存しています。 さらに遠くでは、ジニアやカラフルな楽園の鳥たちが、ムッシュ イヴ・サンローランの庭園への愛に敬意を表しています。

再生可能で有機的な栽培によって
生物多様性が繁栄する

再生可能な栽培と有機的なプラクティスは、ウリカ コミュニティ ガーデンの創造において中心的な原則となっています。ランドスケープデザイナーのオサールとモリエールによって考案された、広大なメインガーデンは、四方が開けた壁と正方形の噴水を備え、その土地固有の古代の手法に従っています。

水はアトラス山脈から自然の重力を利用して吹き降り、各区画に流れ込みます。ドライストーンのテラスには、レモンの木がアイリス、サフラン、マリーゴールド、サボテン、ジャスミンと共存しています。 さらに遠くでは、ジニアやカラフルな楽園の鳥たちが、ムッシュ イヴ・サンローランの庭園への愛に敬意を表しています。

ここは、散策のためではなく
純粋な探求を目的とした庭園です
エリック・オサール&アルノー・モリエール

EXPLORE THE GARDENS

OUR COMMITMENTS